正面打ち三教

正面打ち三教


正面打ち三教(しょうめんうちさんきょう)


この三教という技もスティーブン・○ガールの映画でよく観ますね
どの作品でも必ず使っていますね

手を使って腕全体を捻るのですが、それだけでも
相手を制する事ができますが更に、そこから崩すと
足元まで落せます。

正面打ち一教で、崩しきれなかった為、相手が起き
上がってきた時を想定した技ですね


【 表 】
1、正面打ち一教の時と同様に相半身の状態から
受けが取りに正面打ちをします。

取りは、後ろ足を一歩大きく前に出しながら、
肘を抑え手首を切り下ろします。お腹の前にいきます。

2、この状態から手を掴み、肘を掴んでいる方の手で
相手の手の甲を掴みます。

掴んだら手首は曲げずに、肘を上に突き上げるようにします
自分の正面で相手の腕を刀のように、持つといいですね。

3、相手が浮いたら、その刀(腕)で膝を斬るような
イメージでおろします。

頭が落ちるので、肘を抑え頭の方に入身転換をします。

4、肘を利かしたまま、肘の方の足から降ろして
いきます。力を使わず楽に抑える事ができますね。

5、二教の時と同じように膝で両肩を挟み、
手は利かせたまま緩まないように持ち替えます
持ち替えたら手を頭の方に倒していきます


【 裏 】
1、正面打ち一教の時と同様に相半身の状態から
受けが取りに正面打ちをします。取りは、受けの
側面(外側)に入身転換をします。

この時、表と同様に肘と手首を切り下ろします。

2、この状態から手を掴み、肘を掴んでいる方の手で
相手の手の甲を掴みます。

掴んだら手首は曲げずに、肘を上に突き上げるように
します。

3、次に相手の手を脇の方にもっていく感じで、
自分の正面を相手に向けます。

相手は浮き上がるので、その瞬間、腕で膝を斬るような
イメージでおろします。

頭が落ちるので、肘を抑え後ろに入身転換をします。

4、肘を利かしたまま、肘の方の足から降ろして
いきます。力を使わず楽に抑える事ができますね。

5、二教の時と同じように膝で両肩を挟み、手は
利かせたまま緩まないように、持ち替えます。

持ち替えたら手を頭の方に倒していきます。

へー、こんな記事が? 当サイトで人気の記事ベスト3