横面打ち四方投げ

四方投げ


横面打ち四方投げ(よこめんうちしほうなげ)


【 表 】


1、受けは首を斬るつもりで手刀で打ってきます。

取りは入身転換をしながら、打ってくる手に対して
打たれないように、手で防ぎ片方の手で相手の体を
手刀で斬ります。

そうすると最初立っていた位置より反対向き
(180度)になり、自分の正面(お腹の前)に両手で
相手の手を挟んでいる状態になります。


2、斬った方の手で掴み、片方の手は必ず添えます。
(注、片手だけで投げないようにしましょう)

後は片手取り四方投げと一緒で
後ろの足を大きく相手の前に入れながら、
自分と受けの手、肘、肩が揃っていくようにします。

手を掴んだまま額の方まで上げて、受けが崩れた状態に
なると思います


3、この状態から額の前にある手を見ながら体の変更をします。
(手を自分の中心から外さないようにします)

体の変更をした時、腕を伸ばすとより受けは崩れますね


4、上にあげている手を下ろすようにします。
この時も姿勢は真直ぐにします。

刀を振り下ろした時のようにしますね。

【 裏 】


1、受けは首を斬るつもりで手刀で打ってきます。

取りは入身転換をしながら、打ってくる手に対して打たれないように、
手で防ぎ片方の手で相手の体を手刀で斬ります。

そうすると最初立っていた位置より反対向き(180度)になり、
自分の正面(お腹の前)に両手で相手の手を挟んでいる
状態になります。

上級者になってくると崩した勢い(遠心力)で
受けは取りの側面に吸い寄せられるかのように、
寄ってきて、そのまま四方投げができますね


2、斬った方の手で掴み、片方の手は必ず添えます。
(注、片手だけで投げないようにしましょう)

後は片手取り四方投げと一緒で受けの側面に入身転換をしながら
自分と受けの手、肘、肩が揃っていくようにします。

手を掴んだまま額の方まで上げて、受けが崩れた状態に
なると思います


3、この状態から額の前にある手を見ながら体の変更をします。
(手を自分の中心から外さないようにします)

体の変更をした時、腕を伸ばすとより受けは崩れますね


4、上にあげている手を下ろすようにします。
この時も姿勢は真直ぐにします。

刀を振り下ろした時のようにしますね。

へー、こんな記事が? 当サイトで人気の記事ベスト3