肩取り二教

二教


肩取り二教(かたどりにきょう)


掴まれるとつい逃げようとして、ひっぱたりしますが、
力の強いものに掴まれたら外れません

その接点と力を利用すれば、逆に自由がききますね
離そうとするのではなく、もらってきます


【 表 】


1、逆半身の状態で、相手の肩を掴みます。
取りは後ろの足を一歩、当身をしながら入れます。

その足を軸に転換をします。当身をした手は
相手の掴んできている腕の肘に手刀で斬りつけます。

相手は崩されますので、そこで掴んできている手を
上からかぶせるよう(手の甲)に、掴みます


注1)コツとしては4本の指で、相手の小指側に引っ掛けて、
親指は相手の親指の付け根辺りにします。

注2)入身転換をする時は、ゆっくりでいいので大きく
(両者の腕を広げて大きい円を書くイメージで)

注3)崩した時、相手は常に自分の正面で崩せて
いるようにします。


2、掴んだら後ろになっている足を大きく前に出しながら、
片方の手で相手の肘を掴み腰をいれながら肩に掴まれている
手を外していきます。

一教の表のように抑えこみます。

その形になったら、掴んでいる手は離さず肘の方を軸にして
相手の手を自分の手前の方にもっていきますね

開いたところで足(ひざ)を膝行で一歩入りながら
次に両膝で相手の肩を挟みます。

挟んだところで、相手の手を自分の肘の上にのせ
(手のひらを上に)はさみます。

そのまま脇をしめて手を反対側の肩に寄せて背筋をのばして、
挟んでいる相手の手を相手の頭の方に近づけていきます。

【 裏 】


1、表の時と同様、逆半身の状態で、相手の肩を掴みます。
取りは後ろの足を一歩、当身をしながら入れます。

その足を軸に転換をします。当身をした手は相手の掴んできている
腕の肘に手刀で斬りつけます

相手は崩されますので、そこで掴んできている手を
上からかぶせるよう(手の甲)に、掴みます。

注1)コツとしては4本の指で、相手の小指側に引っ掛けて、
親指は相手の親指の付け根辺りにします。

注2)入身転換をする時は、ゆっくりでいいので大きく
(両者の腕を広げて大きい円を書くイメージで)

注3)崩した時、相手は常に自分の正面で崩せているようにします


2、掴んだら肩につけたまま相手の側面に入るように入身転換をします
この時、相手の手首がひっくり返り自分の正面に相手の腕、
体が見えているようにします

次に肩の方は、しっかりつけたまま片方の手は相手の手首を握ります
相手の手の小指側は外に向いているので、その小指を相手のほうに
向けていきます

握っている方の手もそのままで脇をしめていきます
そうすると相手はおちるので一教の裏のように相手の後ろに
入身転換をして倒します


後の押さえ込みは、表と同様

その形になったら、掴んでいる手は離さず肘の方を軸にして
相手の手を自分の手前の方にもっていき

開いたところで足(ひざ)を膝行で一歩入りながら
次に両膝で相手の肩を挟みます。

挟んだところで、相手の手を自分の肘の上にのせ
(手のひらを上に)はさみます。

そのまま脇をしめて手を反対側の肩に寄せて背筋をのばして、
挟んでいる相手の手を相手の頭の方に近づけていきます。

へー、こんな記事が? 当サイトで人気の記事ベスト3