片手取り四方投げ

四方投げ


片手取り四方投げ(かたてどりしほうなげ)


【 表 】


1、逆半身の状態から受けは取りの手首を掴みます
取りは、後ろ足を前の足の辺りに添えます
(踵を寄せるようにします)

この時、掴まれている手は手刀を張るようにして、
片方の手で受けの手首を掴みます


2、受けの方に近い足(前の足)を一歩前(受けの正面)
に入れながら、自分と受けの手、肘、肩が揃っていくようにします

手は掴んだまま額の方まで上げて、受けが崩れた状態になると思います


3、この状態から額の前にある手を見ながら体の変更をします。
(3つの手を自分の中心から外さないようにします)

体の変更をした時、腕を伸ばすとより受けは崩れますね


4、上にあげている手を下ろすようにします。この時も姿勢は
真直ぐにします。刀を振り下ろした時のようにしますね
道場や先生によっては違う形のところもあります


【 裏 】


1、逆半身の状態から受けは取りの手首を掴みます。
取りは、前の足を受けの前の足の側面に半歩入れて
その足を軸に転換します。

この時も転換をしながら自分と受けの手、肘、肩が
揃っていくようにします

掴まれている手は手刀を張るようにして、
片方の手で受けの手首を掴み額の前辺りまで、
持っていきます


2、この状態から額の前にある手を見ながら体の変更をします。
(自分の中心から外さないようにします)


3、上にあげている手を斬り下ろすようにします。
この時も姿勢は真直ぐにします。

へー、こんな記事が? 当サイトで人気の記事ベスト3