正面打ち入身投げ

正面打ち


正面打ち入身投げ(しょうめんうちいりみなげ)


頭を打ってきた力を利用し、使う事で崩れます
倒されて起き上ってきたところを投げます


1、相半身の状態から受けが取りに正面打ちをします。
取りは、受けの側面に背後を取るように大きく一歩(後ろの足から)
入身で入ります。

この時、手は受けの首と腕に添えます


2、入れた足を軸に転換をしながら、手は受けの首と腕を
切り下ろします


3、相手が崩れて起き上がろうとするので、相手の頭を
自分の肩につけます


4、後ろになっている足を大きく一歩前に出しながら
(自分の腰を相手の腰につけるつもりで)

頭をつけている方の腕を大きく上げて、相手の首を
斬るつもりで振り下ろします。(肘は曲げないようにします)

注):肘を曲げてしまうと相手の重みをまともに
受けてしまいます

肘を伸ばす事によって、相手の顎が上がって、
相手は崩れている状態になるので、重みを受けずに
投げれますね。

へー、こんな記事が? 当サイトで人気の記事ベスト3