袴(はかま)のつけ方

袴のつけ方は、人によって違いがあると思い
ますが、大きくは変わらないと思いますね。

また、自分の気に入る結び方をみつけたら
そちらに変えて下さいね。

因みに袴は、はく、脱ぐとはいいません。
つける、はずすです。

袴

1、足を通して前の部分を帯の結び目の上で被せます

紐は腰を通して前にもっていき、次は被せた帯の下で交差させ、
もう一度、腰にまわして腰から前にもってきます。常に緩まないように締めましょう


2、前にきたら、締めて帯と同じように結びます

余分な紐は、先程巻いた紐に通しておきます
それか、そのままでも構いません

3、腰板を帯の上(腰)にのせて紐を前にもっていきます

紐を通したら、先程結んだ所の下で、同じように
結んで完成ですね。

袴

へー、こんな記事が? 当サイトで人気の記事ベスト3