合気道の受身の仕方

受身


受身(うけみ)


後ろ受身
1、体育座りをして、頭を前に倒しておへそを見ながら
後ろにゴロンと転がり後頭部が当たらないようにします。

2、1の動作が慣れたら片方の足を中にいれます。
(このとき足首は伸ばします)

そのまま転がりながら中に入れた足とは反対側の手を遠くに置く
イメージで畳(地面)を叩きます。そうすると止める事ができます

3、2ができると次は、立ったところから膝を曲げ、曲げた膝を
地面におろし腰をおろして2の動作へ一連の動作でします
反対側も同じようにして交互にしていきます


後回り受身
先ほどの2の動作で止めたのを止めずにそのまま転がり
1回転します


正面打ち(しょうめんうち)


構えから上になっている手を大きく振り上げます。
振り上げる時は、体の中心から外れないようにします。

振り上げた時、肘は目線より上になるようにします。
それから前に出ている足を一歩前に出して、手を振りおろし
相手の額を打ちにいきます。

このとき後ろ足を置き去りにしないで、連れてくるように滑らせます


片手取り(かたてどり)


お互いに向かい合って構えをします。このとき鏡に
映ったように構えて(自分が右半身なら相手は左半身の状態)
手首を掴まれた状態にします


逆半身片手取り(ぎゃくはんみかたてどり)といいます
これとは逆の状態(自分が右半身なら相手も右半身)を
相半身片手取り(あいはんみかたてどり)といいます


肩取り(かたどり)


逆半身の状態(自分が右半身なら相手は左半身の状態)
(自分が左半身なら相手は右半身)で、
肩をつかまれている事をいいます


横面打ち(よこめんうち)


正面打ちとは違い、相手の側面に一歩入り耳から首の辺りを
目掛けて斬るイメージで打っていきます


両手取り(りょうてどり)


逆半身の状態で両手を掴んでいる状態のことをいいます


突き(つき)


相手のお腹・みぞおち辺りを目掛けて突いていきます
ナイフを持って刺しにいくイメージを想定しています


座技(ざぎ)


お互いが坐っている状態のことをいいます。立ってやっていた技を、
そのまま坐ってやる形になりますね


半身半立ち(はんみはんだち)


受けは立った状態、取りは坐っている状態をいいます。
こちらが、坐っている不利な状態から
相手が襲ってきた想定の形になりますね。

へー、こんな記事が? 当サイトで人気の記事ベスト3