護身術には使えるのか?

護身術


まず最初に説明するのは、「使えません!」
敢えて言わさせて頂いています


護身術教室とかありますが、1回や2回受けて練習したからといって、
すぐに出来るわけではありません

ただ!ゼロよりは1だという事です。
全く何も知らない、出来ないよりは、よっぽどかマシです。

少しでも抵抗できた方が、助かる率が高いという事もあります


それよりもむしろ難しさを知る事によって、危険を回避するように
心掛けたり、防犯ブザーを持つといった事に気が付いてもらえたら
良いと思いますね

例えば、防犯ブザーでも持っているだけではダメです
5秒以内に引っ張らなければ意味がないと思いますね
どうしてもパニックに陥ってしまうとおもいます


ここでも先ほど言ったように、「冷静に対処できる」ように
なれるかが、ポイントになります。

こう言う事を書いて良いのかは分かりませんが、
何年も何年も掛けて稽古していくと、ツボにはまった時は
使えているかもしれません

最低!5年以上それもミッチリ稽古しないとイメージがつかめません
あくまで感想で、5年稽古したからといって出来るとは限りません


使えるようにしておきたいと思うなら普段から常に想定した
稽古をして下さいね


本当に難しいですよ!!


自分達がたまに練習したりしますが、経験者の人間が
分かってやっても難しさを痛感しますから

まだ白帯の人たちですが男の人にそれも結構、体格のいい人ですよ
護身術をやらせると護身術になってませんからね

あれでは女性の気持ちは到底分かってあげれないと思いますね。
「自分に限って」とは思わない方がよいでしょう


これが、最強の護身術・・・


危険な所に行かない!夜遅く出歩るかない!逃げるー!
何かあったら、逃げましょう!!

へー、こんな記事が? 当サイトで人気の記事ベスト3