合気道ってケガとかしない?

まずケガをするという事はありません。するとしたら指導者
の言う事を守らなかったり、気をぬいていたり、ふざけている時に、
起こりうるということです

ケガの手当て

合気道初心者の稽古は安全第一ですから心配はいりません
初心者の内はストレッチ感覚でできたりします

有段者同士になると激しい稽古をしたりすると、
タイミング良くツボにはまった時なんかにはしてしまいますね。

だからといって、激しい稽古ばかりしているのではないのでご安心を 

激しいのはしたい人だけがしたらいいのです
自分のペースで無理をしない事が、続けていける
コツだと思いますね

安全に楽しく稽古をしていくのが合気道の稽古ですが、
ただ合気道は武道です


上手い下手とか強い弱いとかではなくて、でたらめな事や
いい加減な稽古をしていては意味がないのです

しっかり持つとこは持つ、握り方、打ち方、抑え方・・・にも
意味があるわけです


いい加減な稽古はケガのもとです


最初は技を覚えるためにかたちを覚えていきますが、
受けは、相手に襲いかかっているわけですし
取りは相手を押さえつけようとしているわけです

そういった気持ちを常にもって緊張感のある稽古をして
頂きたいと思います

そういった気持ちで稽古に望まないと自分のものに
なっていかないと思いますね。

「こんなんでいいやー」では、技が効きませんし
掛かりません。重みが変わってきます。

こだわりをもって稽古に望みましょう!


どうしても心配であるなら、一応念のために、保険に
入っておく事を、お勧めします

簡単に入れる傷害保険やスポーツ保険などが、ありますので
ご自身で自分にあった保険を探してみて下さい

そうすると安心感は、ありますね

へー、こんな記事が? 当サイトで人気の記事ベスト3